アレグラとアロマペンダントでスギ花粉対策

アレグラは、花粉症に対して効果があり、スギ花粉にも有効です。スギ花粉が原因のアレルギー症状には鼻水や鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみなどがあります。アレグラはこれらの症状を抑制する抗アレルギー薬ですが、副作用がほとんどありません。よって日中に車を運転するといった人たちにアレグラは重宝されています。そして最近では、アロマを使ったスギ花粉対策も行われています。それに使うのはアロマペンダントです。アロマペンダントとはペンダントトップに好きなアロマオイルを入れて、持ち歩くことを可能にした商品です。アロマオイルは直接肌に触れないので、アトピーなど肌の弱い人でもアロマの効果を得られます。アロマペンダントには作った人によって様々なデザインがあるので、ファッション性の高さも人気を集めています。花粉症に悩む人には、アレグラの服用だけでなく、アロマペンダントを利用することで、さらに症状を緩和することができます。アロマペンダントに入れるオイルにはいくつか適したものがあります。まずユーカリです。のど飴や軟膏など様々な医薬品にも使われています。一番入手しやすいのは、ユーカリプタスグロブルス種です。痰を切れやすくしたり、喉の炎症を抑えたりします。特に花粉症に伴う呼吸器系のトラブルに効果があります。香りがきつい場合はカモミールロマンとブレンドすると、マイルドになります。鼻水が多くなり鼻づまりを起こすと、頭が重くなり肩こりが悪化します。ユーカリはその筋肉の痛みを癒す効果もあります。次にティーツリーです。ユーカリほど香りが強くなく、ブレンドしなくてもそのままで使うことができます。高い殺菌効果があり、免疫力を高めます。