アレグラと寒暖差アレルギーと食品衛生

アレグラは抗アレルギー剤ですが、従来の製品のように眠気を感じることがないので仕事で忙しいサラリーマンや自動車を運転する人でも安心して服用することができる成分で、とくに花粉症の時期には予防的に処方されることも多く、点鼻薬や蕁麻疹の薬として処方されることが多くなっています。寒暖差アレルギーは季節の変わり目に症状が出ることが多いのですが、冬の寒い時期には暖かい室内から外に出るときに急激に温度が下がると寒暖差アレルギーを起こすことがあります。アレグラはくしゃみや鼻水を止めるために処方されることが多いので、寒暖差アレルギーでこれらの症状が出ている場合にはアレグラを服用することが必要になります。寒暖差アレルギーで多いとされている症状は喘息で気管支が外気との温度差に過剰に反応してしまって起きるので、この場合には喘息発作を止めるための吸入器を使用して発作を止める必要があります。食品アレルギーと食品衛生は関わりが深いとされていて、サバなどの青魚は鮮度が落ちてくるとアレルギー物質が増加するので古い青魚を食べることで蕁麻疹が出ることもあります。食品衛生的には安心して食べられるレベルの魚でもアレルギー体質の人にとっては非常に危険なものになる可能性を秘めていて、鶏胸肉などの日常生活で健康的な食材として用いられているものでも鮮度が落ちるとアレルギーを起こすことがあるので、家族の中にアレルギー体質の人がいる場合には食品衛生に関して注意をしておかなければなりません。食品の劣化に関しては火を通したとしても進んでしまうので、食品衛生の観点から考えると、魚や肉などに関しては鮮度を保った状態で食べることが重要になります。