アレグラの服用と醤油などの食物依存性

アレグラは新しいタイプの抗アレルギー剤なので眠気などの副作用がなくなったので自動車を運転している人でも服用が可能とされていて、第二世代の抗ヒスタミン剤なので効き目が今までのものよりも早いので花粉症などの治療に点鼻薬などとして用いられることが多くなっています。アレグラはこの他にも蕁麻疹の治療に使われていて、食物依存性運動誘発アナフィラキシーなどのアレルギー反応にも対応することができるので、予防的に処方されることもあります。食物依存性運動誘発アナフィラキシーというのはアスピリン系の薬や食物、運動などの複合的な要因が重なることによって、急激に症状が出るというアレルギー反応なので、アレグラの投与だけでなくステロイド剤などの投与も必要になります。醤油によるアレルギー反応は基本的には皮膚の表面に出ることが多いので、痒みや痛みなどを感じた場合は抗アレルギー剤を塗布するなどの対処が必要となりますが、醤油の場合は多くの人が唇に症状を発症するのでリップクリームなどで表面を保護することも重要です。食物依存性のアレルギーは一般的には症状が短い時間で発症するので急激な下痢や腹痛が起きた場合にはすぐにアレルギー剤を飲んで、体外にアレルギー物質を排出しなければなりません。醤油の場合は米などを発酵させて作られるものなので、穀物アレルギーを持っている人が使うと極稀にアレルギー症状が出る場合がありますが、ほとんどの場合は唇が荒れる程度なので、重篤な症状が出ることがあまりないとされています。アレグラは多くのアレルギー症状に効果的なのですが、とくに鼻炎やくしゃみに効果が高いとされているので、市販の鼻炎薬などに使われることが多くなっています。